ピュアな大人のための等身大ラブストーリー

あらすじ

実力は俳優の共演に注目

人生の岐路に立つ30歳の男と女―。
風景写真の世界への転向を考えながらも、友人である人気モデル・シンゴ(池内博之)の撮影に追われる日々に葛藤を感じているカメラマンの野島聡 (岡田准一)。

夢であるフラワーデザイナーを目指して花屋でアルバイトをしながら、フランス留学を間近に控えた登川七緒(麻生久美子)。

二人は同じ古いアパートに暮らす隣同士だったが、顔を合わせたことは一度もなかった。それでも、古いアパートの壁越しに、音を通じて互いの生活が伝わってくる。

聡は七緒が口ずさむメロディやフランス語の練習、くしゃみ、加湿器や風鈴の音に、そして七緒は聡が挽くコーヒー豆、チェーンキーホルダーの揺れる音が、心に安らぎをもたらすことに気がつくのだった―。

ある日、このままでは自分が撮りたい風景写真の世界は遠くなる一方と考えた聡は、アラスカ行きを事務所の社長である荒木(平田満)に相談しにいくが、これまで聡が撮影を手掛けてきたシンゴの初主演映画が決まり、そのスチールカメラマンを是非引き受けてほしいと逆に説得されてしまう。

自分の本心を打ち明けれないままアパートに戻った聡をシンゴの恋人である上田茜(谷村美月)が訪ねてくる。彼女は妊娠3ヶ月で、連絡の取れなくなったシンゴを探しにやってきたという。茜は勝手に部屋を掃除して料理を作る。そして、シンゴが帰ってくるまで、聡のアパートに居候すると一方的に宣言する。

一方、七緒はアルバイト先の店長である雅子(とよた真帆)や後輩の山賀と共に花屋で忙しい毎日を送っている。自宅でフラワー・アレンジの練習をしていると、隣(聡の部屋)から女性と争うような音が聞こえ、翌朝、その彼女と挨拶を交わすこともあった。

ある日、フラワーデザイナーの試験の帰りに店に寄った七緒は、いつも行くコンビニの店員である氷室(岡田義徳)から、彼女が依頼されて作った花束をプレゼントされる。そして、氷室は「店に来るたびに胸が高鳴って、運命を感じる」と告白する。

翌日、後輩の山賀が坊主頭で店に現われる。氷室から七緒への告白を目の当たりにして感動した彼は、メル友の女の子に告白をしたが、入院中で会うことができないと告げられたため、願掛けで坊主にしたという。

留学を控えている七緒は交際できないと氷室に告げた公園で、基調音(常に側にあって、無いと寂しく感じる音、聴いていると気持ちが穏やかになる音、自然と受け入れられる音、普段は意識して聴かないけれど、無いと不安になる音)についての興味深い話を聞く。人は自分の中にある基調音みたいな物を追い求めているけれど、その音はなかなか見つからないのだ。

部屋に居座り続ける茜と口論したことを後悔し、シンゴとの思い出の湖で決意を固める聡。氷室の隠していた秘密を知ったことで、深く傷つく七緒。二人の日常に紛れ込んできたハプニングは、それまでの日常を見つめ直し、新たな一歩を踏み出すためのきっかけとなる。ニアミスを繰り返しながら、顔を合わせることのない二人が出会う日はやってくるのだろうか…?

キャスティング

ロケは東京国分寺市の花屋さん

主人公である夢と現実との葛藤に悩むカメラマン・聡役には、等身大ラブストーリーは本策が初挑戦となる岡田准一を起用。

ヒロインの七緒を演じるのは、日本映画に欠かせない存在に成長した麻生久美子。三十代を迎え、気持ちの揺れを感じながらも夢の実現に向けて踏み出す共感度の高い女性を見事に演じている。

聡のアパートに居候する、シンゴの元カノ・茜には若手女優の谷村美月を起用。本作品では関西弁の弾けた芝居で新境地を見せている。

そのほか、七緒が通うコンビニの店員を演じた岡田義徳、カリスマモデル役の池内博之など個性豊かな若手の実力派俳優が揃った。彼らを脇で固めるとよた真帆、平田満、森本レオらベテラン陣の競演にも注目。

人生の岐路で揺れ動く若者たちの心模様を描く本作品は、函館港イルミナシオン映画祭(2004年)のシナリオ大賞長編部門佳作を受賞したまなべゆきこの脚本『A/PART』を改題して映像化したもの。メガホンを取るのは『ニライカナイからの手紙』『虹の女神』など、数々の青春映画を手掛けてきた熊澤尚人。

互いの生活音を通じて、徐々に心を通わせていく二人の気持ちに寄り添うように、撮影には16mmのカメラを採用している。七緒が部屋のドアを開ける際に鳴る風鈴、口ずさむメロディ、聡がコーヒー豆を挽く音など、映画で重要な役割を果たす繊細な音たちが、青春恋愛映画にみずみずしい彩りを添えている。